車いすの生徒も安全に校内を移動できるよう、ブロックビルドでスロープを設置しました。(山口県立宇部総合支援学校美祢分教室)

2020年12月15日

#

外への出入り口に段差があり、今までは簡単に出入りできませんでした。ブロックビルドでスロープを作り、車いすやバギーでも安全に教室へ出入りできるようになりました。子どもたちは色鮮やかなスロープを見ると喜び、楽しそうに移動しています。

設置前の状態

教室からポーチへ、ポーチから通路へ出入りするのに2か所の段差があります。これまで板を渡したりしてしのいでいましたが、現場の寸法にぴったりと合わず、万全ではありませんでした。

ブロックビルド 設置前の状態

 

ブロックビルドの設置後

ブロックビルドで出入口にぴったりと合ったスロープを設置しました。約1:12の勾配のフラット正方形スロープタイルを使用していますので、車いす使用の生徒も無理なく自走して出入りができます。

安全性を高めるため、表面の滑り止めとしてスリップストップを加え、また、脱輪防止チューブも設置しました。

ブロックビルドはグレーチングの上にも設置できます。雨などの水分はタイルの穴から下へ落ち、そのままグレーチングへ排水されますので、スロープの表面に水分がたまることがありません。

ブロックビルド 設置後

この記事へのお問合せはこちらから。下のボタンを押すとお問合せフォームが開きます。

Share: