鎌倉市 割烹・蕎麦「波と風」 いす式階段昇降機でバリアフリー化対応

2020年12月24日

#

古都鎌倉の大仏様近くに割烹・蕎麦「波と風」があります。お店は建物の2階にあるので、階段を利用しますが、常連のお客様には高齢者や階段の昇り降りが難しい方もいます。
オーナーの柴山様は「多くの方にお店に来て頂きたい」との思いから、「いす式階段昇降機」で低コストなバリアフリー化を行いました。

 

バリアフリー化対応前のお店

波と風2_r1_c1.jpg

お店は建物の2階にあり階段を使用しているため、高齢者や階段の昇り降りが難しい方は利用が大変でした。

波と風2_r3_c1.jpg

階段には手すりがありますが、かなりの勾配です。幅も狭く、改造や機器設置などに制約があります。

バリアフリー化対応後のお店

いす式階段昇降機設置したお店へは、客様からは「降りるのが大変だったので助かる」「階段を昇れなくなってもずっと通い続けられる」など、階段がバリアで無くなったことで、今後も楽しみにしている料理が味わえることを喜ばれています。

波と風3.jpg

いす式階段昇降機設置の詳細写真はクリックで拡大されます。

今回設置した椅子式階段昇降機は、既存の階段に取り付けられます。そのため、エレベーターのように設置のためのスペースが必要なわけでもなく、また昇降路の建築費もかかりません。椅子式階段昇降機は低コストで建物のバリアフリー化が実現できます。 常連のお客様がいつものように来店ができることを実現できるのも、椅子式階段昇降機の特徴となります。

この記事へのお問合せはこちらから。下のボタンを押すとお問合せフォームが開きます。

Share: