オンラインセミナ― ドイツでの新型コロナ対策 -その結果と課題-

#

開催要領

開催日時:
2021/07/24 16:00
~ 2021/07/24 17:30

会場:

ZOOMを使ったオンライン講座

定員:

100名(先着順)
会費:
福祉フォーラム・ジャパン会員…無料 / 一般…1,000円(税込)
開催状況:
募集中
主催者:
NPO法人 福祉フォーラム・ジャパン
連絡先・申込み:
7月19日(月)までに FAX またはメールにてお申し込み下さい。オンラインチケット購入も可。
登録いただいたご指定のアドレス宛にID 等をご連絡致します。
*会員外の方はお申込み書の振込先までご入金をお願い致します。ご入金確認後、ID 等ご連絡させていただきます。
特定非営利活動法人 福祉フォーラム・ジャパン
  東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿ミッドウエストビル(日本アビリティーズ協会内)
  電 話 : 03-5388-7260     FAX : 03-5388-7210
  E-mail : ffjinfo@ff-japan.org  HP : http://www.ff-japan.org/
詳細、参加お申込は

詳細内容

ドイツでも2020年初めから新型コロナの感染が広がり、特に当初高齢者施設でのコロナによる感染死が多発した。
その後、ドイツでは国を挙げての対応策に乗り出し、その広がりを抑えることに成功。全体の感染者数の抑え込みもようやく成果を収めつつあるが、反省点・課題も指摘されている。
ドイツに長らく在住し、医療・介護・福祉の研究者として、さまざまな論文、情報を発信し続ける吉田 恵子氏に、ドイツのコロナ対策の光と影、その課題を日本との比較から検証していただき、改めて日本のコロナ対策も考えたい。

<講師>

  • 吉田 恵子 氏 東京医科歯科大学非常勤講師・国際長寿センター研究員

<座長>

  • 山路 憲夫 氏 当会副会長、小平学・まちづくり研究所 所長 

開催のご案内・参加お申込書【PDF版】

Share: