オンラインセミナ― これからの社会福祉法人の経営

#

開催要領

開催日時:
2021/10/09 13:30
~ 2021/10/09 15:00

会場:

ZOOMを使ったオンライン講座

定員:

100名(先着順)
会費:
福祉フォーラム・ジャパン会員…無料 / 一般…1,000円(税込)
開催状況:
募集中
主催者:
NPO法人 福祉フォーラム・ジャパン
連絡先・申込み:
10月4日(月)までに FAX またはメールにてお申し込み下さい。オンラインチケット購入も可。
登録いただいたご指定のアドレス宛にID 等をご連絡致します。
*会員外の方はお申込み書の振込先までご入金をお願い致します。ご入金確認後、ID 等ご連絡させていただきます。
特定非営利活動法人 福祉フォーラム・ジャパン
  東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿ミッドウエストビル(日本アビリティーズ協会内)
  電 話 : 03-5388-7260     FAX : 03-5388-7210
  E-mail : ffjinfo@ff-japan.org  HP : http://www.ff-japan.org/

詳細内容

複数の社会福祉法人が協働する福祉協同組合なら、これまで単一法人ではできなかった効率的な人材確保・育成・物品購入・最新の介護機器導入、また組織の活性化などが可能になります。

「みちのく社会福祉協同組合」の理事長を務める中山 辰巳氏(社会福祉法人青森社会福祉振興団 理事長)をお招きして、その先進的な社会福祉法人経営をご紹介いただきます。

<講師> 中山 辰巳 氏  (社会福祉法人青森社会福祉振興団 理事長)

青森県むつ市の特別養護老人ホーム「みちのく荘」を中心に、1985年にQ C サークルを結成、1994年に在宅介護支援セ ンター事業、1998年には訪問看護ステーションを開設し、利用者ニーズに即したサービス提供をいち早く試みてきた。 同法人は特別養護老人ホームやケアハウス、デイサービスセンター、訪問看護・介護など包括的に運営。2003 年には独 自に「みちのくヘルパースクール」を開校し、ヘルパー養成にも力を注いでいる。2014 年ベトナムの国立フエ医科薬科大学と 「日越医療福祉事業協定」を結び、自法人職員を講師派遣し、日本式介護の教育をし、その研究先として自分の施設を位置づけ、技術移転 を実行にうつしている。 I C T 化、I O T 化を進め、いちはやく介護現場に必要な道具としてのロボット等の導入に積極的で、「真空調理システ ム」を導入した給食工場を運営するなど、利用者が必要な事をより合理的に企画、実行している。

司会: 伊東 弘泰(当会副会長、NPO 法人日本アビリティーズ協会 会長)

開催のご案内・参加お申込書【PDF版】 

 

Share: