アビリティーズ・ケアネット(株)はサンライズメディカルジャパン(株)と提携し、高性能電動車いす、及び最軽量車いす、シーティング(床ずれ予防)製品などの好評アイテムを全国で販売、サービス活動を開始いたします。

2021年09月01日

#

 アビリティーズ・ケアネット株式会社は、サンライズメディカルジャパン株式会社と、これまで以上に強い提携関係を約し、サンライズ社製品の日本国内での販売を拡大することになりました。

サンライズメディカル社は、1983年にアメリカで設立されました。当社(アビリティーズ)社長の伊東弘泰は1966年、今から55年前に障がい者6人で当社を設立しましたが、アメリカ・サンライズ社の創業者とはサンライズ社が設立される以前から交流があったことから、アメリカ・サンライズ社の日本での販売について協力してまいりました。

 このたび当社は、サンライズメディカルジャパン社との提携関係を強化・拡大して、アメリカおよびヨーロッパなどで開発・製造する、各種機器の販売協力を開始するものです。その製品は、高性能電動車いす(Qシリーズ各種)をはじめ、最軽量アクティブ向け車いす、小児用車いす各種、褥瘡予防及び座位保持を重視したJAY車いすクッション各種、JAYバックなど、障がいのある方の移動や姿勢保持に効果的な、多数の製品です。

 サンライズメディカル社は、現在ドイツに本社を置き、世界のほとんどの主要国で、重度の障がい者からアクティブな障がい者(児)のための移動用製品全般、及び、シーティング向け製品全般を提供する世界でトップレベルのメーカーであります。

 高機能で、長距離走行も可能な、各種電動車いす、及び、車いすクッション各種は、日本の障がい者のニーズを十分に研究した製品であり、我が国の補装具給付制度の項目、金額にも適合しておりますので、給付制度を活用して購入いただくことが可能であります。

 パラスポーツの海外のトップアスリートをはじめ、世界中の障がいがある方々に、日常用からスポーツ用車いす、電動車いすまで利用されています。

 たとえなんらかの障がいがあっても、自立した生活、喜びのある人生を実現するために、優れた機器を活用することが大切であり、その普及活動は、アビリティーズの使命であり、私たちの願いであります。

 アビリティーズ・ケアネットは、サンライズメディカルジャパン製品の普及活動に協力し、障がいある人々の「尊厳ある生活の実現」、「社会参加の推進」のため、活動してまいりますので、どうかご支援を賜りますようお願い申し上げます。


販売を開始する商品一覧

商品名

特長

電動車いす

Quickie® Q200 R  

日常生活に適した超コンパクトで31kmの長距離走行が可能な電動車いす。

Quickie® Q300Mミニ  

世界的にも超スリムサイズ(全幅52㎝)の中輪駆動 電動車いす。

Quickie® Q400シリーズ  

中輪・後輪・前輪駆動を選べ、個別に応じた各電動座位保持機能を選択でき、移動距離に対しても安心な電動車いす。

手動車いす

Quickie®ニトロム Nitrum

身体に合わせ、今までにない振動吸収の良さと乗り心地、軽い力で漕ぐ事のできる、 全く新しいクオリティーの高い軽量、固定型車いす。

Zippie®  X`cape ジッピーエクスケイプ

成長対応型 子供用手動車いす

ZIPPIE® IRIS ジッピーアイリス

小児から成人向に幅広く対応可能で、方向転換も容易なティルト機能付き拡張対応モデルの車いす。

シーティング

JAY® J2 車いす用 クッション 

世界中で床ずれ(褥瘡)予防と姿勢保持に使われている、コントゥア形状のベースによる座位保持・座圧分散機能と、製法特許のJAYフロー流動体パッドによる除圧機能のクッション。

JAY® J2 ディープ 車いす用クッション 

J2より床ずれ(褥瘡)ハイリスクの方向けのクッション。JAYフロー®流動体と優れた皮膚保護と安定のための型どられたベースの車いすクッション。

JAY® フュージョン 車いす用クッション

体に馴染みやすく柔軟性と安定性のある三層構造のベース。フィット感を生むソフトウレタンを使用し、JAYフロー®流動体またはパッド・エアーインサート(ロホ)を選べる車いす用クッション。

JAY® X2(エクストリーム2) 車いす用クッション

アクティブユーザー向けに開発された軽量でメンテナンスもいらない薄型の車いす用クッション。

JAY® GS 小児・子供 車いす用クッション

小児・こども用のニーズに合わせられる座位保持を重視した成長機能付き車いす用クッション。

JAY® J3 車いす用バック 

多くのサイズ。多くのスタイル。完璧なフィット感のための車いす用シェル型バックサポート。

この記事の対象商品

この記事へのお問合せはこちらから。下のボタンを押すとお問合せフォームが開きます。

Share: