公共施設・商業施設・交通、輸送業者

多くの人が利用する「公共施設や商業施設、屋外移動や交通、公園などの屋外施設など」の建築物、施設、社会的インフラストラクチャーは、だれもが利用しやすいものにすることが求められます。特に公共性の高い施設は、障害者差別解消法の合理的配慮を義務付けされます。

自然災害時の避難所になる施設にもバリアフリー化が望まれます。エレベータ停止や断水などが発生したり、高齢者や障害者などの災害弱者のための設備が望まれます。

施設がバリアフリー法で認定されると、その対応費用の一部が助成されます。これらの利用可能な制度は製品名の下に表示しています。制度は候補であり、必ず利用できるというものではありません。

用具とともに事例をご紹介します。
文字が表示切り替えタブになっています。クリックで切り替わります。

公共・商業施設の福祉用具事例

Share: