接遇研修事例 曹洞宗様

曹洞宗全国人権擁護推進主事研修会(平成26年9月1日~3日 曹洞宗檀信徒会館〔東京グランドホテル〕にて開催)にて、全国の人権主事の僧侶の方、約90名を対象に研修を行いました。伊東会長が「障害者差別と人権―宗教者の役割とは何か」と題して講演を行い、その後、車いす体験・高齢者疑似体験などの実習を行っていただきました。曹洞宗では長年にわたり、この人権の課題に取り組んでいます。

熱心に聞き入る人権主事の皆さん

障害者差別解消法成立の経緯や、この法律が必要な理由のほか、宗門に期待したいこととして、「各地域での拠点として差別を解消していく役割を担ってほしい、福祉の前進に寺院の力は非常に重要である」と語る伊東会長。

高齢者や障害者の身体状況になって、当事者の気持ちを体験。

Share: