展示会における「セミナー、体験・相談会」のスケジュールです。セミナーの受講を希望される場合は「セミナー」ページより事前申込みください。会場については、「会場とアクセス」ページをご確認ください。
視聴補助について: マークのものは手話通訳があります。

スケジュールの印刷版はこちらより入手いただけます。スケジュールの印刷版 

ご注意。内容とスケジュールは変更される場合があります。会場でご確認をお願いします。

6 月2 日(土) の会場別スケジュール

屋内展示場(特設会場1)
10:30 ~ 体験・相談会1
乗ってみよう!試してみよう!


車いす・歩行器体験会
最新の車いす、歩行器を体験できます。
13:00 ~ 体験・相談会3
乗ってみよう!試してみよう!

子ども向け遊具・リハビリ機器体験会
子ども向けの遊具や、運動用具などのリハビリ機器
を体験できます。
15:00 ~ 体験・相談会4
乗ってみよう!試してみよう!


介護ロボット体験会
歩行支援型の介護ロボットを使い、歩行体験できます。
屋外展示場(特設会場2)
10:30 ~ 体験・相談会2
乗ってみよう!試してみよう!


電動スクーター乗り比べ体験会
最新の電動スクーターを傾斜や段差などがある試乗コースで乗り比べることができます。



メイン会場(会議室B・C) 定員130名
10:30 ~ 特別講演1
薬に頼らない認知症ケア 心とからだにやさしい「認知症情動療法」

一般社団法人 日本認知症情動療法協会 藤井昌彦氏

脳の情動機能に適度な刺激を与え、認知症ケアに取り組む心とからだにやさしい認知症情動療法について、分かりやすく解説します。 情動機能(EQ)は人の痛みがわかる思いやりや、人間性など社会生活を円滑に進めるための知能です。認知症情動療法は、保たれている情動機能に良い刺激を繰り返すことにより、情動機能の低下を予防し社会生活をできるだけ長く明るく豊かに送っていただくようにする方法です。情動機能に良い刺激(感動)を加えることで、認知症の問題 行動を軽減させ豊かな気持ちで生活を送る情動療法の事例も紹介します。
12:00 ~ 特別報告1
デンマークの高齢者福祉視察研修(LOPO)説明会
特定非営利活動法人 福祉フォーラム・ジャパン 戸田路子氏

デンマーク・ネストヴェズ市で実施されているロポ(LOPO)プログラムは、高齢者サービスを始め、自治体サービスや教育に至る市独自の取り組みを学ぶ視察研修プラグラムです。
13:00 ~ 基調講演
障害者福祉制度の今後の展望
厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長 朝川知昭氏

誰もが住み慣れた地域で生活するために総合的な支援を行なうために制定された総合支援法がどんな制度かを分かりやすく解説し、現在のサービスの実施状況や課題を踏まえ、今後の障害者福祉制度についてご講演いただきます
14:00 ~ 特別講演2
障害者差別解消法と自治体の対応

一般社団法人障害者の差別の禁止・解消を推進する全国ネットワーク会長 伊東弘泰氏

障害者差別解消法が施行され、国・都道府県・市区町村は対応が義務化されています。その中でも、職員研修や合理的配慮の実施、街づくりと連動した取り組みなど、今後の対応に役立つ自治体の取り組みについてご紹介します。


15:00 ~ 特別報告2
在宅医療のスペシャリスト活動
仙台往診クリニック 川島孝一郎氏

病院を退院され、在宅などで療養している癌、難病、脳血管疾患、糖尿病、認知症などの患者さんや重度の障害者など約500名の在宅訪問診療を仙台市で計画的に行なっている。
往診専門クリニックとして、24 時間、365日、緊急対応も行なっている。


16:00 ~ 特別報告3
被災地で活動を続ける『朝日のあたる家』

特定非営利活動法人福祉フォーラム・東北

朝日のあたる家は、「ともに活きる未来への談話室として」陸前高田の高齢者を中心に、子ども、障害のある人の生活を地域で支えてきました。あたりまえの地域生活をつくるための「 コミュニティーハウス」の取り組みをご紹介します。

サブ会場(会議室A) 定員40名
11:00 ~ 実践セミナー1
多彩なプログラムで高い就職率!
就労移行支援事業の取り組み
アビリティーズジャスコ株式会社 長岡麻人氏

イオングループ各社の障害者雇用を促進するため、実際の担当業務を想定した多彩な就労移行支援プログラムを提供し、高い就職率を実現しています。
13:00 ~ 実践セミナー2
口腔ケア『口から食べるから元気になる』

歯科医師 加藤武彦氏

日本中に塾生がいる加藤塾の加藤武彦先生が、口からしっかり食べることで、心もからだも元気になる口腔ケアについて紹介します。

15:00 ~ 実践セミナー3
(第1 部)最新療護施設でのリフト活用の効果

  清瀬療護園(東京都)
(第2 部)力に頼らず、正しく使おう福祉用具
     〜 stop the 腰痛〜

  ナチュラルハートフルケアネットワーク気仙

リフトを上手に活用し、職員の腰痛やご利用者の安全で快適な生活を実現している“清瀬療護園” の取り組み報告と、ノーリフト技術の普及を目指す“なちゅは気仙” による移乗技術を紹介及び体験できます。

6 月3 日(日) の会場別スケジュール

屋内展示場(特設会場1)

13:00 ~ 障害者スポーツ競技体験会
広げよう!障害者スポーツ 第2部

電動車いすサッカー・卓球バレー・ボッチャ・サウンドテーブルテニスなど
宮城県障害者スポーツ協会

屋外展示場(特設会場2)

13:00 ~ 障害者スポーツ競技体験会
広げよう!障害者スポーツ 第2部

ウィルチェアラグビーなど
宮城県障害者スポーツ協会
ウィルチェアラグビー・メダリスト/庄子健氏

メイン会場(会議室B・C) 定員130名 午後のC会場60名、B会場50名
10:00 ~ シンポジウム
広げよう! 障害者スポーツ 第1 部
より多くの障がい者がスポーツに親しむ環境づくり
医療・教育・福祉とスポーツの相互作用を考える

和歌山県立医科大学/指宿立氏
宮城県障害者スポーツ協会/佐藤敬広氏
ウィルチェアラグビー・メダリスト/庄子健氏
宮城パラ陸上競技連絡会/藤島秀一氏

このシンポジウムでは、パラスポーツの魅力等を伝えつつ、一方で障がい者のスポーツ参加の課題を踏まえながら、より多くの障がい者がスポーツに親しむきっかけとなるであろう、医療(主に中途障がい者)、教育・福祉(主に先天性障がい者)の領域とスポーツの関係性やその効用を伝え、障がい者福祉の多様な活性化を図ることを目的とします。
13:00~会議室C 海外最新福祉機器セミナー1
自立を実現する最新電動車いす

ペルモビール株式会社

世界中で最も普及しているペルモビールの電動車いすの最新情報を紹介します。新たなラインナップも加え、ペルモビールは更に進化を続けます。
14:30 ~会議室C 海外最新福祉機器セミナー2
子どもから高齢者までの最新リハビリ機器
アメリカ・リフトン社

世界中のPT・OT などリハビリ専門家の意見や提案をの意見を取り入れ、多種のオプションや機能を持つ最新の歩行器や座位保持用具、リフトなどを紹介します。
13:00~会議室B 海外最新福祉機器セミナー3
砂浜や海で使える最新アクティビティ機器

カナダ・WFSI 社

車いすのまま砂浜に乗り入れることができるようにするためのシートや、海でも浮かぶ車いすを使ったアクティビティを紹介します。
14:30 ~会議室B 海外最新福祉機器セミナー4
生活の質を高める昇降キッチンや水周り機器

デンマーク・ロポックス社

日本のキッチンメーカーや家具メーカーとコラボレーションした最新の昇降キッチンを始め、できることを増やし、生活の質を高める洗面機器、手すりなどの水周り機器を紹介します。
サブ会場(会議室A) 定員40名
11:30~12:00 重度介護者の車いす
日進医療器株式会社

ティルト&リクライニング車いすの特長とその選定方法についてご紹介。
12:00~12:30 ポールを使ったウォーキングご紹介と体験
株式会社シナノ

2本のポールを持つだけで様々な健康効果や転倒予防などが期待できるポールウォーキングをご紹介。実際に体験していただき、効果を実感していただきたいと思います。
12:30~13:00 介護・看護師の腰痛予防と対策
株式会社ダンロップホームプロダクツ

介護・看護の現場における腰痛の実態から、腰痛に悩む多くの女性従事者のために開発された、業界初の腰痛ベルトとテーピングの両機能を備えた新商品“女性用インナータイプの腰痛サポート製品”のご紹介。
13:00~13:30 SRセンサ技術を応用した床ずれ予防マットレス
住友理工株式会社 健康介護事業室 山内 寛三氏

利用者の体格や寝姿勢に応じて、SRセンサが圧力を測定し、エアセルの空気量を最適に調整する、業界初のエアマット『体圧ブンさん」を紹介します。

ウェルフェアタウンフェス 実行委員会 事務局 東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿ミッドウエストビル( NPO法人日本アビリティーズ協会内)
事務局本部 TEL:03-5388-7517 担当:中村・馬場 仙台事務局 TEL:022-287-0821 担当:後藤