福祉に関する推薦図書

日本アビリティーズ協会では、「障害者差別禁止法をめぐる活動報告」「地域と介護について」「福祉用具の適切な選定と住宅改修について」「アビリティーズが歩んできた活動の歴史について」などの良質な書籍を「選書」として出版しています。

書籍購入のお申込み

書籍のご購入は下の購入ボタン、又は書籍の購入ボタンで次の情報をお知らせください。

  • ご希望の書籍名と冊数
  • お名前(法人の場合、法人名、部署)
  • ご請求住所(書籍の送付先が異なる場合は、送付先の氏名と住所も)
  • お電話番号

お申込み後、ご請求書と振込用紙をお送り致しますので、料金をお振込みください。ご入金確認後、ご注文の書籍をお送りします。

申込みはファックスでもお受けいたします。

お申し込み

FAXでのお申し込み
03-5388-7208
メールでのお申し込み
お問い合わせフォーム

アビリティーズ選書8

共生社会の実現をめざして「障害者差別解消法」―成立までの経緯と展望―

共生社会の実現をめざして「障害者差別解消法」―成立までの経緯と展望―

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(通称:障害者差別解消法)が2013年6月に成立、2016年4月より施行された。

障害のある人たちが、国家や社会の慈善や恩恵、庇護の中で生きていくことが前提となっているような社会は本来の社会ではなく、すべてにおいて人は固有の権利の主体であり、保護される客体ではない。自由な選択と自己決定を通じて人生を享受していくことは当然のことである。

その具現化のために、障害者の差別禁止の運動展開を一層強化していかねばならない。そのために「一般社団法人障害者の差別の禁止・解消を推進する全国ネットワーク」が設立され、伊東弘泰が会長に就任した。

本書では、同法制定の経緯、内容、課題などを総括。その制定運動に直接かかわった人たちの想いと行動、体験の寄稿を通して、法律の重要性とこれからの取り組みを示唆する。

主な内容

はじめに “差別解消法”の浸透めざし、推進団体を設立!共生社会の実現を!誰もが“すばらしい人生”を実現するために

Ⅰ.障害者差別解消法の具現化に向けて

 1.「障害者差別解消法」制定のねらいと経緯
 2.障害者差別解消法の実施に向けて
 3.障がいのある人の権利に関する条約の批准と国内法整備の到達点
 4.障害者差別解消法の意義と課題
 5.権利条約をいかに奏でるか
 6.「障害者差別解消法」成立までのあゆみ
 7.障害者差別解消推進法と自治体における課題、条例づくりの動向
 8.障害のある人もない人も共に生きる平和な長崎県づくり条例・制定のプロセス
 9.対談

Ⅱ.JDA 運動の歩み

 1.介護保険制定による障害者の人権・福祉の後退
 2.公開シンポジウム①『障害者差別禁止法を実現する』より
 3.公開シンポジウム②『21世紀の福祉社会を創る市民エキスポ 2004』
 4.2003 年 5 月 16 日 座談会

  障害者雇用施策への提言 能力のある障害者の就労、一般企業を主流に
  DPI障害者権利擁護センター所長 金 政玉
  佐賀医科大学教授 齊場 三十四
  近畿福祉大学教授 安井 秀作
  特定非営利活動法人 日本アビリティーズ協会会長 伊東 弘泰

 5.2004 年 5 月 15 日 対談 アメリカの ADA に学ぶ

 6.2007 年1月17日シンポジウム『障害者差別禁止法』の実現に向けて
 (21 世紀の福祉社会を創る市民エキスポ 2007より)

Ⅲ. 結びに代えて

  尊厳と自立・相互尊重、相互理解、共に生きる
 〜全国の自治体に障害者差別解消条例を〜

Ⅳ. 資料編

■参考資料「国会会議録」より抜粋
■障害者差別禁止法(JDA)を実現するための運動の主な経過
■差別禁止部会の検討経緯
■障害者政策委員会 差別禁止部会 委員
■障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律について
■障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律
■障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律案に対する附帯決議(衆議院内閣委員会)(参議院内閣委員会)
■障害者差別解消支援地域協議会体制整備事業の実施に係る同協議会の設置・運営暫定指針
■障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針
■一般社団法人障害者の差別の禁止・解消を推進する全国ネットワーク定款(抜粋)
■一般社団法人障害者の差別の禁止・解消を推進する全国ネットワーク役員一覧
■「アビリティーズ運動」を支える出版活動


A5判、319ページ。当協会会員様へは一人1冊贈呈します。非会員の方へは1冊1,000円の手数料にてお譲りします。

アビリティーズ選書7

障害者の尊厳と自立への闘い

障害者の尊厳と自立への闘い

100社以上の会社から就職試験を拒否された24歳の身体障害者が、1966年に障害者たち5人とわずか150万円の元手で会社を興した。

不撓不屈の信念と活動で、印刷事業、リハビリ・福祉機器、高齢者施設などの事業を開発し、社員1,000人の会社に発展した。 社員はもとより、役員、管理職にもたくさんの重度障害者が働いている。障害のある人があたり前に社会で生きていけるよう、新しい法律をつくる運動にも12年間、継続して取り組み、2013年6月ついに国会で法律が成立したのが障害者差別解消法である。施行は2016年4月、会社設立し運動を開始して、丁度50周年 のときである。

主な内容

アビリティーズの綱領

はじめに

第一部 チャレンジの四五年

 第1章 「保障よりもチャンスを!」
 第2章 運動の根底にある少年期の体験
 第3章 学生時代の貴重な体験
 第4章 アビリティーズ運動の始まり
 第5章 障害者による障害者のための会社
 第6章 営業拡大に全力疾走
 第7章 ハンセン病の人々と鈴木智子さん
 第8章 労働大臣に面会
 第9章 福祉機器事業の創業
 第10章 商品開発の第一号は食器
 第11章 海外メーカーとの提携
 第12章 各地の拠点づくり
 第13章 ブックセンター『スクラム』の開店
 第14章 〝旅〟で人生が変わる
 第15章 ライフサポートプログラムの始まり
 第16章 施設サービス事業の創業
 第17章 障害者差別禁止法の制定をめざして
 第18章 これからのアビリティーズ活動

第二部 主張

 新たな思想の福祉国家を
 逆進する日本の福祉
 もの言わぬ障害者の声
 「共に生きる社会」の構築
 維持期のリハビリは必須
 「リハビリ日数制限」は重度障害者を切り捨てた

第三部 対談・鼎談

 障害者差別禁止法制定は人権運動だ!(二〇〇八年四月)
  衆議院議員(民主党)   枝野 幸男氏(現・官房長官)
  参議院議員(社会民主党) 福島 みずほ氏(現・社会民主党党首)
  NPO法人日本アビリティーズ協会会長 伊東 弘泰
  堂本暁子 千葉県知事に聞く(当時)(二〇〇六年九月)
  NPO法人日本アビリティーズ協会会長 伊東 弘泰

 閉じ込めスタイルから、真の社会参加へ(二〇一〇年七月)

  NPO法人日本アビリティーズ協会会長 伊東 弘泰
  目白大学教授(インタビュアー)     宮武  剛
  (月刊福祉 二〇一〇年七月号より転載)

 新たな障害者福祉へ向けた取り組み(二〇一〇年八月)

  NPO法人日本アビリティーズ協会会長 伊東 弘泰
  社団法人日本理学療法士協会会長    半田 一登
  (社団法人日本理学療法士協会ニュース〈JPTA NEWS〉二〇一〇年八月号より転載)

 人との出会いで広がる活動、相馬 雪香(そうま ゆきか)さんに聞く(二〇〇二年一月)

第四部 感謝

 ヘンリー・ビスカルディ氏(アメリカ・アビリティーズ創業者)
 メクニコル神父様(カトリック・レデンプトール会司祭)
 辻(つじ) 敢(かん)先生(公認会計士、税理士)
 渋谷 晴(はる)爾(じ)氏(渋谷工業株式会社創業者)
 井深(いぶか) 大(まさる)氏(ソニー株式会社創業者)
 武藤 富男氏(明治学院長)
 藤本 敏夫君(大地を守る会初代会長、鴨川自然王国創立者)

あとがき


A5判、262ページ、定価 1,500円(税込)

アビリティーズ選書6

医療・福祉 改革への提言

医療・福祉 改革への提言

本書は、2007年9月に東京・一橋大学で開催された「NPO法人在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワークin 東京」で展開されたプログラムの中から、大会主催サイドと編集部が取材したテーマを中心に、制度の変化や議論の展開に伴い、例えば後期高齢者医療問題については2008年の京都大会でのシンポジウムなども含めてまとめたものである。 東京大会では10のテーマについて「現場からの実践報告」として素晴らしいたくさんの発表があった。大会長賞を受賞された発表を本書に掲載した。また、新たな提言として下記の方々からご寄稿をいただいた。

  • 「医師はいかにして在宅医になるか」 … 黒岩卓夫
  • 高齢者医療制度の「改造私案」地域医療・地域保険の再構築へ … 宮武 剛
  • 「リハビリ日数制限は障害者を切り捨てた」 … 伊東弘泰
  • 地域と一体化した自立支援法下の展開「カナンの園からの報告」 … 及川忠人
  • 「これからの地域リハのあり方」 … 澤村誠志
  • スタートした韓国「老人長期療養保険」の現状と課題 … 山路憲夫
  • 「イギリスの移送サービスの理念と実際」 … ジェリー・オコナー

主な内容

  • 基調講演 21世紀の前半の医療・介護システムの展望  辻 哲夫氏
  • 基調講演 少子高齢社会と地域医療の将来像  唐澤祥人
  • 討論 新田国夫・宮武剛・太田秀樹・佐藤美穂子・石川治江
  • ディスカッション わが国の障害者福祉を検証する
  • 討論 藤木則夫・池原毅和・及川忠人・新田輝一・長谷川三枝子・斎場三十四・川口有美子・安井秀作・金政玉・大濱真・下村千枝子・佐々木公一・伊東弘泰
  • シンポジウム 介護予防のまちづくり?地域で作る仕組みをどう作るか?
    古都賢一・熊坂義裕・鏡輸・永見理夫・山口晴保・青木佳之・玉木一弘・山路憲夫
  • 記念講演 アメリカの医療は今、そしてこれから
    ローレント・アドラー(司会 飯野奈津子)
  • 討論
    ローレント・アドラー・大頭信義・服部洋一・金子勝・伊東弘泰・コーディネーター 飯野奈津子

A4判、186ページ、3000円(税込)

アビリティーズ選書5

住み慣れた街に住み続けられるために

住み慣れた街に住み続けられるために:上巻

住み慣れた街に住み続けられるために:下巻

本書は06~07年に行われた在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク(東京・長崎・壱岐・松原)、21世紀の福祉社会を創る市民エキスポ(東京・大阪)の中からいくつかの講演、研究発表をまとめたものである。

医療・福祉制度の変更がもたらした高齢者・障害者に対する切捨てを受け止めざるを得ない当事者たち。その当事者たちを必死に支えている事業者や医師・介護者たちの並々ならぬ活動にスポットを置いて紹介している。


上巻 A5判、267ページ、1500円(税込み・送料別)

下巻 A5判、213ページ、1500円(税込み・送料別)

アビリティーズ選書4

地域がつくる福祉~コミュニティケアの理念と実践~

地域がつくる福祉~コミュニティケアの理念と実践~

本書は、2004年5月、東京で開催された「21世紀の福祉社会を創る市民エキスポ」での講演、パネルディスカッション、テーマセミナーの内容をまとめたもの。

 コミュニティケアについて、アメリカ・ジョージア州アトランタ市からの講師による講演のほか、日本での展開をノンフィクション作家、沖藤典子氏や福祉・医療関係者らが討論した内容を掲載している。さらに、在宅・施設ケアの現場で地道な活動を続ける人たちが、「在宅ケアを進める」「食を支える」などをテーマに実践報告。日本のコミュニティケアの今を知ることができる。

主な内容

第1章/講演:アトランタ市のコミュニティケアの展開

 アメリカ・ジョージア州アトランタ市フルトン郡
  ベンソン複合コミュニティセンター所長 ジェイ・コスビー

第2章/パネルディスカッション:コミュニティケア、わが国でどう進めるか

 アメリカ・ジョージア州政府
  ADAコーディネーター マイク・ガリフィアナキス 他

第3章/実践報告

 在宅ケアを進める

   医療法人アスムス理事長 太田 秀樹
   厚生労働省介護保険課長 藤木 則夫 他

 食を支える

   神奈川県・加藤歯科医院院長 加藤 武彦 他

 さまざまな現場から

   長崎県・医療法人玄州会 老人保健施設光風施設長 武原 光志 他

第4章/調査研究報告

 医療法人あづま会理事長 大澤 誠


A5判、240ページ、1500円(税込み・送料別)

アビリティーズ選書3

自立への福祉用具・住宅改修

自立への福祉用具・住宅改修

福祉用具・住宅改修は介護保険制度によって身近なものになった。とはいえ、どのような基準でどんな用具を選ぶべきか、また住まいをどのように改修したらよいのか。利用者はおろか、ケアマネジャーや福祉用具専門相談員らでさえ、福祉用具・住宅改修の重要性を十分に認識しているとはいえないのが現状だ。

 ケアプランに福祉用具を適切に盛り込み、住宅改修のアセスメントが的確に行われることで要介護度が下がるケースが増えることは実証されている。

本書は、グッズやリフォームの単なるマニュアルではなく、福祉用具・住宅改修を何のために行い、それによって何が変わるのかを理解させてくれる。また、介護保険改定の重要なテーマとなる介護予防、筋力トレーニングの効果についての科学的根拠や行政の取り組みについても詳しく述べられている。

主な内容

福祉用具の適切な活用で高齢者の生活行動は確実に改善する
  NPO法人日本アビリティーズ協会会長 伊東弘泰

第1章 介護保険下の福祉用具と住宅改善

 福祉用具と住宅改修の適切な活用
  厚生労働省老健局振興課 渡邉愼一

第2章 自立への福祉用具と住宅改修

 1.要介護者の回復過程に合わせた福祉用具の適用
    東京都足立区・医療法人福寿会理学療法士 加島守

 2.オランダから布地の革新
   オランダ・マイクロケア社教育担当マネジャー サブリナ・リボウ

 3.重度の障害児・障害者の対応、介護システムづくり
    社会福祉法人甲山福祉センター
     重症心身障害児施設砂子療育園育成課長 田中研次

   4.世界で最も新しいいす式階段昇降機の発表
    イギリス・ミニベーター社輸出部長 サイモン・ヴィッカー

 5.一級建築士事務所を開設、住宅改修事業を推進
    アビリティーズ・ケアネツト(株)一級建築士事務所 緒形晃

 6.モジュール型車いすの活用で寝たきりを予防できるか
    医療法人アスムス理事長 太田秀樹

 7.モジュール型車いすとクッションの処方
   アビリティーズ・ケアネツト(株)
     シーティング・フィッティングマスター 佐野俊也

第3章  介護予防と高齢者の筋力トレーニング

 1.生活の自立のための筋力トレーニング
    群馬大学医学部助教授 遠藤文雄

 2.身体が不自由でも安心なトレーニング
    群馬大学医学部保健学科理学療法学専攻助手 浅川康吉

 3.住民に支持されたトレーニング教室
    群馬県鬼石町長 関口茂樹

 4.節カトレーニング事業とその意義
    群馬県鬼石町総合保健福祉センター所長 岩本光一


在庫なし A5判、168ページ、1200円(税込・送料別)

アビリティーズ選書1

「障害」はつくられる 日本にも差別禁止法を~ADA制定前後のアメリカ社会を知り 差別禁止法がなぜ必要かを明らかに~

「障害」はつくられる 日本にも差別禁止法を~ADA制定前後のアメリカ社会を知り 差別禁止法がなぜ必要かを明らかに~

「私が歩けないことが問題ではなく、交通機関を利用できないことが問題であると、次第に認識するようになりました」。

「福祉エキスポ2004」で講演したマイク・ガリフィアナキス氏は、交通事故に遭って車いすの生活を送るようになり、さまざまな問題に直面。障害のある人の社会参加を阻むものの存在に気付いたという。

本書は、氏の大阪と東京での講演のほか、障害者差別禁止法をテーマにしたシンポジウムの内容を掲載。ADA(障害のあるアメリカ人のための法)制定への道のりや、制定後のアメリカ社会の変貌、さらに日本での障害のある人を取り巻く環境と福祉の実情を明らかにしている。


A5判、184ページ、1200円(税込・送料別)

JDA(障害者差別禁止法)でほんとうの福祉が始まる

JDA(障害者差別禁止法)でほんとうの福祉が始まる

NPO法人日本アビリティーズ協会では、障害のある人たちの自立生活を実現するため、各障害者団体とネットワークをつくって障害者差別禁止法の制定運動を行っている。 この法律はすでに世界40カ国以上で制定されているが、日本では一昨年の国連勧告にもかかわらず、いまだ制定されていない。この度、報告書『JDA(障害者差別禁止法)でほんとうの福祉が始まる』を発行。

 本書では、アメリカの障害者差別禁止法をめぐる動きや、昨年東京で開催した「福祉エキスポ2003」でのシンポジウム「障害者差別禁止法はなぜ必要か」の内容などを掲載している。日本における障害のある人たちを取り巻く現状を理解し、障害者差別禁止法の制定を実現するために、関係者はじめ新たな福祉づくりを志す市民や学生にも、ぜひ一読を薦めたい。


A5判、196ページ、1200円(税込・送料別)

高齢者ケアが社会を変える

高齢者ケアが社会を変える

NPO法人日本アビリティーズ協会は、2003年9月に発行した福祉エキスポの報告書『老後の不安をなくす新施策』に続き、『高齢者ケアが社会を変える』を発行した。

 本書は、前回の報告書で掲載できなかった、福祉エキスポの「教育セミナー」と「現場からの実践報告」のほか、アクティブエージング研究会、デンマーク福祉セミナーの内容を収録している。

 日本の福祉・医療の第一線で活躍する人たちが、痴呆ケア、リハビリ、住宅改修と福祉機器などをテーマに、わかりやすく報告、解説。さらに、福祉の先進地、デンマークからの講師も交え、高齢者の住まいのあり方や生きがいについて考え、新しい提案をしている。

主な内容

第1章 教育セミナー

 1.脳卒中の在宅リハビリテーション
    NTT東日本伊豆病院内科・リハビリテーション科医師 稲川利光

 2.医療サイドによる痴呆高齢者へのケア
    医療法人社団誠馨会総泉病院院長 高野喜久雄

 3.高齢者の転倒予防と筋力トレーニング
    群馬大学医学部助教授 遠藤文雄

 4.モジュラー型車いすと自立生活の向上
    (株)日本アビリティーズ社シーティング・フィッティングマスター 佐野俊也

医療法人社団東京萌気会吉祥寺本町クリニック 理学療法士 佐藤晃也

 5.自立のための住宅改修と福祉用具
    (株)日本アビリティーズ社一級建築士事務所 緒形晃

第2章 現場からの実践報告

 1.ユニットケアへの挑戦
    京都府・高齢者福祉総合施設「ももやま」園長 山田尋志

 2.三世代交流共生住宅における統合ケア
    三重県・社会福祉法人自立共生会理事長 多湖光宗

 3.小規模多機能をめざした「ゆいの里」の歩みから
    栃木県・特定非営利活動法人「ゆいの里」理事長 飯島惠子

 4.痴呆性老人グループホームの光と影
    群馬県・医療法人あづま会理事長 大澤誠
    同法人グループホーム「おおいど」管理者 伊藤慎一

   5.田舎だからできる楽しみ
    福井県・社会福祉法人双和会理事長 藤井康広

 6.脳血管障害患者の在宅支援を考える
    新潟県・医療法人社団萌気会萌気園大和通所介護「地蔵の湯」 福原司

 7.「口から食べたい、食べさせたい」
    神奈川県・加藤歯科医院院長 加藤武彦

 8.食事にあくまでもこだわる暮らしの支援
    (株)日本アビリティーズ社 管理栄養士 山崎恵美子

 9.グループホームの新しい試み
    (株)日本アビリティーズ社「気まま館川口」(埼玉県)館長 加藤和彦

第3章 高齢者の新しい住まいとケア

 1.(事例報告)アクティブエージングの実践

 (1)気の合った者同士で暮らすグループリビング
     グループリビング田園生活館代表 秋山博之

 (2)ユニットケアの特別養護老人ホーム
     社会福祉法人ファミリー理事長 佐藤和夫

 (3)生活を支える医療・福祉サービス
     医療法人社団萌気会理事長 黒岩卓夫

 2.(シンポジウム)高齢者の生活を支援する住まい方と生き方

 3.(シンポジウム)変貌するデンマークの福祉 ネストヴェズ市の挑戦

 「保障された生き方よりも、挑戦する人生を選ぶ」
 アビリティーズがめざすもの


A5判、240ページ、1500円(税込・送料別)

老後の不安をなくす新施策

老後の不安をなくす新施策

2003年5月17・18日、東京・国立オリンピック記念青少年総合センターで開催された「福祉エキスポ2003」での対談、講演、シンポジウムの内容が一冊に。

  • 厚生労働省老健局長、中村秀一氏と、NPO法人「在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク」会長、黒岩卓夫氏の対談。
  • 厚生労働省老健局長、中村秀一氏の講演。詳細な資料にもとづき、「介護保険3年」を検証し、今後の課題を明らかに。資料付き。
  • 厚生労働省老健局振興課福祉用具・住宅改修指導官、渡邉愼一氏の講演。
  • 慶應義塾大学経済学部教授で内閣府特命顧問の島田晴雄氏の講演。このほか、シンポジウム「高齢者の新しい住まい」などを掲載。

A5判、160ページ、1200円(税込・送料別)

敗北を知らぬ人々 成功したアメリカの障害者企業!(H .ビスカルディ著/伊東弘泰訳)

敗北を知らぬ人々 成功したアメリカの障害者企業!

「アビリティーズの運動」の原点

「生まれつき、短い切り株のような両足を持ったひとりの男が、四人あわせて脚は一本、手は三本という連中ばかりで会社をつくった。うす汚い空きガレージで始まった会社は、その後多くの困難に出会ったが、不屈の信念と闘志をもってのりこえ、ついに500人の身体障害者ばかりの会社に発展した」

 本書は、40歳で障害者による障害者のための会社「アビリティーズ社」を創設したヘンリー・ビスカルディ氏の伝記。ページをめくっていくうちに「アビリティーズの綱領」が染み渡る。

  • 会社を立ちあげたきっかけ、次々におこるトラブル、押し寄せる求職者、不景気による業績不振と苦渋のリストラ決断、と困難でもあるが生きている・仕事をしていることの喜びを実感している彼らの生き方が心を動かします。
  • あとがきに、2002年伊東が渡米しアビリティーズ社のその後について掲載しています。
  • 日本でのアビリティーズ運動について掲載しています。

B6判、350ページ、1200円(税込・送料別)