リフトン アクティビティ チェア(調節式座位保持椅子)

セラピストたちが探し求める「いす」がここにあります。
小児から大人まで、このいすが多くの場面で活用されています。

RiftonLogo_707x168.jpg
  • アクティビティ チェアで教室へ。輝いている生徒達を見てください。

    アクティビティ チェアで教室へ。輝いている生徒達を見てください。

  • エミリーは縫製をします。アクティビティチェアは、作業療法士の目標に大きく貢献します。

    エミリーは縫製をします。アクティビティチェアは、作業療法士の目標に大きく貢献します。

  • 子供達が教室に積極的に参加することは、すべての教師の目標です。

    子供達が教室に積極的に参加することは、すべての教師の目標です。

  • アクティビティチェアは、使用者に新しい活動の世界を開きます。

    アクティビティチェアは、使用者に新しい活動の世界を開きます。

このアクティビティ チェアのデビュー以来わずか2-3年で、姿勢を取ることについて特別な配慮が必要な小児、および十代後半までの若者が教室で使用する定番品になりました。

それだけではなく、このチェアが学校で何ができるかを見た親御さんたちは家でも使用するようになってきています。
ついには、発話の専門家と摂食の専門家たちの多くがこのチェアを病院・診療所で採用してきています。

アクティビティ チェアは適正なシーティングを行う革命的な機器です。異なる体形・体格の大きさ、身体状況および特別な配慮が必要な人を含めたすべての人に適正なシーティングを提供できることで、セラピストたちの期待に応え続けています。

アクティビティ チェアは、信じられないほど使い勝手が良く、しかも信頼できる耐久性があります。そのため私はリフトン製品を信用するようになりました。このチェアを使う小児に対し、年相応の座って行う作業に参加する能力を与えることができ、それが当事者の自信につながります。二次的なオプション品のすべては、最も複雑なシーティングの要求事項にさえ応じられます。これは偉大なチェアです。
メリーランド州 カンバーランド ジェレミー・エリオット(リハ専門職)


アクティビティ チェアの使用例

ミニキット付きのハイ・ローベースチェアに座り、積極的に遊びに参加するのに適した姿勢がとれています。

Sサイズのアクティビティ チェアの設計者により、特別な一連のアクセサリー(ミニキット)が開発されました。3つの部品で構成されるミニキットがSサイズチェアに取り付けられると、70cm 程度の身長の小児を安全にサポートできます。 つまり、低年齢から小児の姿勢を正しくセッティングし始めることができ、同じSサイズのチェアを継続して数年使用することができるようになったのです(身体が大きくなって使用できなくなるまで)。 成長するにつれ、このミニキットが不要になるでしょう。その後何年間は、このチェアをミニキットなしで、継続して使用できます。

ActivityChair_user1.jpg

食事を摂らせるスペシャリストたちのお気に入り

アクティビティ チェアは、あまり介助を必要としない利用者用に、シンプルでベーシックなチェアにも、より複雑な診断が下された利用者のために装備を十分に備えたチェアにもできます。高さの選択肢があることにより、利用者一人で静かな食事を摂らせることもできる設定も、家族と同じテーブルにつける設定もできます。ティルトおよびリクライニングの角度を測ることができるため、家族による介助の場合もセラピストが推奨する角度と同じ角度にできます。

各サイズとも、長年にわたって使用できるよう、子供の成長を見込んだ設計がされています。清拭は簡単です-これは食事用チェアには非常に重要な点です。トレイのクリップは片手で操作できます。

すばやく調整でき、食事の介助中にティルトができることは有益です。セラピストはまず、利用者に直立姿勢を取らせて口腔を動かす練習から始め、それから背もたれをティルトさせて利用者が体幹コントロールをあまりしなくても良いようにします。その後、ヘッドレストを前方向に調整して頭部を適当な位置に固定することもできます。

こうした特長すべてから、アクティビティ チェアは理想的な食事介助用チェアといえます。

ActivityChair_user2.jpg

アクティビティ チェアにはティルト機能があります。

スタンダードベースおよびハイ・ローベースいずれもティルト機能を備えています。スタンダードベースは座面前方に15度、後方に10度、ハイ・ローベースは前方に15度、後方に25度傾斜します。ティルト機能は、座位から立位姿勢を取りやすくし、様々な位置で静止させられる貴重な機能です。何よりも、利用者を乗せた状態でティルトさせることができます。

ActivityChair_user3.jpg

アクティビティ チェアの特長

スタンダードベースとハイ・ローベースにSサイズ、Mサイズ、Lサイズの3種類。そして、豊富なオプション。
  • スタンダードベース

    スタンダードベース

    左から、Sサイズ、Mサイス、Lサイズ

  • スタンダードベースのオプション例

    スタンダードベースのオプション例

    左から、「シートベルト、ティルトスプリング、アームレスト、ショートレッグ キャスター、介助用ハンドル等」、さらに「ヘッドレスト、胸ベルト、フットボード等」、さらに「クロスベルト、ラテラルサポート、サンダル等」

  • ハイ・ローベース

    ハイ・ローベース

    左から、Sサイズ、Mサイス、Lサイズ

アクティビティ チェアの調整は工具不要

工具不要

すべての調整が簡単で、工具は必要ありません。 アクティビティ チェアの活用は特別支援教室や自宅での理想的なものです。

アクティビティ チェア 子供に安全

子供に安全

子供の安全のためのシートベルト。ハーネスクリップの取り外しはペンでできます。

アクティビティ チェア 座ったままで調整が可能

座ったままで調整が可能

子供が椅子に座ったままでも、シートの下のハンドルを引っ張って、シートの奥行を安全かつ容易に調整することができます。

ティルト機能

アクティビティ チェアは、座る姿勢と休息する姿勢を奨励します。 スタンダードベースは前方15°、後方10°、ハイ・ローベースは前方15°、後方25°のティルトが可能です。また、背もたれ角度は、前方に5°、後方に20°にリクライニングできます。

アクティビティチェア ティルト例

容易なティルト調整例

椅子の後ろにある2つのレバーを握るだけで、椅子を前方に傾けることができ、手洗いが簡単にできました。

アクティビティチェア 容易なティルト機能

ティルトでリラックス

アクティブな一日の中のリラックスタイム。容易なティルト調整で可能になります。

スプリング機能(オプション)

スタンダードベースでは、背・座の両方に、自閉症の利用者の自発的でダイナミックな動きを抑えることができるバネを装備しています。使用しないときはバネを固定することができます。

アクティビティ チェア スプリング機能例

スプリング機能例

介助者がスプリングのロックを解除すると、利用者はバネのバウンドにより落ち着いて座ることができます

アームレストスタンダード タイプ

体の側面境界を作り、上肢の体重を支える事をサポートします。また体幹のコントロール力を高めます。

アクティビティ チェア アームレスト 腕支えタイプ

アームレスト 腕支えタイプ

座った状態で頭部および体幹をコントロールする力を促進し、また上肢の末端部をしっかりと固定します。最適な位置決めができるよう、自由自在な調整ができます。

アームレスト 腕支えタイプ使用例

利用者が胴体と頭部の姿勢を維持するのを助けます。

ハイ・ローベース用フットポンプ

ハイ・ローベース用フットポンプ

ハイ・ローベースM・Lサイズは、フットポンプで高さ調整ができます。横移動で移乗しやすい高さにも調整できます。

フットポンプの使用例。トランスファー

フットポンプの使用例

フットポンプでの高さ調整と、取り外しが容易なアームレストにより移乗が安全に行えます。

キャスター直進ロック

旋回を固定し、アクティビティチェアが横滑りせずに直線上に動かせるようにします。 ロックを解除すると、キャスターが旋回して狭いスペースで操作できます。

アクティビティ チェア パッド オプション

パッド オプション

快適な背と座のパッド(クッション)は、床ずれを防ぐために不可欠です。ポリウレタンフォームで作られ、汚れを拭き取ることができます。パッドには6種類の色が用意されています。

脚部(スタンダードベース)

ショート/キャスター有・無
ロング/キャスター有・無
から選択できます。

貴方に適合するアクティビティ チェアの選択と構成手順

最初にスタンダード 又は ハイ・ローベースを選択します。

スタンダードベースの構成

  • slide

    スタンダードベース

    必要最小限の組み合わせ。
    ・背と座 (シートベルト付)・ベースフレーム (ティルト機能つき)・アームサポート、脚部、パッド(背・座クッション)

    使用例/スタンダードベースに座って、絵本の読み聞かせながら頭部のコントロール力をつける訓練を行います。

  • slide

    上の手順に従って、スタンダードベースをあなた用の1台にしてください。

ハイ・ローベースの構成

  • slide

    ハイ・ローベース

    必要最小限の組み合わせ。
    ・背と座 (シートベルト、フットボード付)・ベースフレーム (ティルト機能つき)・アームレスト、パッド(背・座クッション)・介助者用ハンドル

    使用例/クラスメートとカフェテリアでおしゃべり。

  • slide

    上の手順に従って、ハイ・ローベースをあなた用の1台に構築してください。

アクティビティ チェアの仕様とオプション

仕様とオプションは、「リフトンカタログ アクティビティ チェアーを参照ください。下は基本構成とオプションの一部です。


Anker

関連商品

上肢安定補助 リフトン アンカー
吸盤で簡単固定。上肢保持で姿勢を安定させ、日常生活の活動が容易になります。価格は税抜きです。(リフトン専用製品ではありません。)
アンカーは一時的な姿勢固定補助具であり、手すりなどの立位のサポートや移動を目的としているものではありません。

ハンドアンカー

手が小さい方もしっかりと握れます。
商品番号価格5080-96 ¥26,000。仕様:●寸法/全長14cm、グリップの長さ10.5cm、グリップの直径3.5cm ● 自重/ 320g ● 材質/プラスチック、合成ゴム

グラブバー

片手または両手で握れます。
商品番号価格 5080-99 ¥33,000。仕様:● 寸法/ 全長34 〜51cm、グリップの長さ25cm、グリップの直径3.5cm ●自重/ 770g ●材質/プラスチック、合成ゴム

エルボーアンカー

前腕を安定させ、座った姿勢で頭部と胴のコントロール力をつけます。商品番号種別価格 5080-94 右 5080-95 左 ¥30,000。仕様:●寸法/全長28 ×全幅18.5cm,腕置きの長さ24cm,腕置きの幅10cm ●自重/ 600g ●材質/プラスチック,合成ゴム,ナイロン,PU

リストアンカー

手と腕を安定させます。2個使用して両腕を安定させることもできます。 商品番号価格 5080-97 ¥28,000。仕様:●寸法/全長20cm,グリップの長さ10.5cm, グリップの直径3.5cm ● 自重/ 450g ● 材質/プラスチック,合成ゴム,ナイロン,PU

水平アンカー

手首が曲げにくい方も握りやすい形状です。 商品番号価格 5080-98 ¥27,000。 仕様:●寸法/全長24cm,グリップの長さ11cm,グリップの直径3.5cm ● 自重/ 360g ● 材質/プラスチック,合成ゴム

アームアンカー

前腕を安定させ上肢を保持して作業に集中できます。 商品番号種別価格 (5080-90 右S 5080-91 左S) ¥32,000,(5080-92 右L 5080-93 左L) ¥37,000。仕様:●寸法/ S:全長23 〜33cm.腕置きの幅10cm,L:全長28 〜41cm,腕置きの幅11cm, ●自重/ S:0.9 k g,L:1.25kg ●材質/プラスチック,合成ゴム,ナイロン,PU

この製品を展示している店舗

この製品は次の店舗で展示しています。確認をご希望の場合はお近くの店舗にお越し下さい。なお、製品にはモデル違いや持出している場合がありますので、お越し前にご連絡をいただくと確実になります。店舗のアクセス情報はこちらを参照ください。事業所一覧

吉祥寺店舗 Tel 0422-23-7277

製品のお問い合わせ

この商品カテゴリーに関する記事
(現在、記事はありません)