免荷表示装置付歩行訓練車 リフトン ペーサー(電動)E-Pacer

歩行器 ペーサーにトラムの電動リフト機能を追加した免荷表示装置付歩行訓練車。1 台で移乗から歩行訓練をより安全で快適なものにします。

RiftonLogo_707x168.jpg
  • slide

    電動リフト機能が追加された歩行訓練車ペーサー(電動)

  • slide

    歩行訓練中の使用者の免荷状態を確認できます。

    日本製品にはスマートフォン連係機能はつきません

  • slide

    より自立歩行に近い、転倒予防がされたリバースポジションでの歩行訓練

  • slide

    ペーサーの優れた安定性の高い歩行訓練

多彩で強力になったリフトン ペーサー(電動)

多機能歩行訓練リフトで培われた「安全な移乗システム」が、歩行訓練車ペーサーに追加されました。

免荷表示装置付歩行訓練車 リフトン ペーサー(電動)の効果
  1. 持上げない移乗:すべての歩行トレーニングで介助者が持ち上げずに座位から立位へ移動ができます。
  2. 優れた安定性を備えた歩行訓練:ペーサーの強固で堅牢なフレームは、重いまたは背の高い利用者にも安全です。
  3. 広げられる脚部:大きな足幅を必要とする利用者のために脚部を広げたり、移乗のために車椅子に近づくことができます。
  4. 高さの調整範囲:電動支柱の66.5cmの調整範囲は、様々な身長の方に適合できます。
  5. 免荷状態の表示:身体支持の負荷を測定しながら歩行訓練を行えます。


リフトン ペーサー(電動)のご紹介ビデオです。(英語)約13分

説明の「走行距離メーター、体重計機能、免荷測定のスマートフォン連係」は日本向け製品にはありません。

免荷表示装置付歩行訓練車 リフトン ペーサー(電動)の特長

多機能訓練器リフトとペーサーの遺伝子を引継いだ多彩な機能の歩行訓練車の概要図

【容易な持ち上げ機能】

伸縮する電動支柱
広い範囲の高さ調整をすることができます。身長196cmまでの歩行者を持ち上げ、83.5cmまで下げることによりコンパクト収納できます。

スイッチポール(オプション)
介助しながら昇降したいとき、また使用者自ら昇降スイッチを操作したいときに使用します。(介助者用ハンドルとの併用不可)

電池ケースの昇降スィッチ
スイッチポールや介護者用ハンドルがない時には、電池ケースの上/下ボタンで操作します。

フロントハンドル (オプション)
利用者の着席移乗を介助者が容易に操作することができます。

免荷測定と表示
歩行訓練中に利用者が足に負う負荷を測定し表示します。これにより歩行訓練の進捗状況を確認できます。

脚部を広げる
脚部開閉レバーを回すと、ペーサーの脚部が広がります。 大きな足幅を必要とする使用者のために脚部を広げたり、移乗するために車椅子に近づくことができます。

【最高のキャスター】

ペーサーに採用の「多機能キャスター」を装備。4 輪すべてに4 つの機能がついており、それぞれに調節ができます。

【身体を支持するオプション類】

ハンドル付アームサポート
腕の「高さ、奥行、角度、ハンドルの位置」などを細かく調節が可能です。

ロングアームサポート
大きなパッド面に身体を預けて、臀部へかかる荷重を分散。肘掛けとしても安楽です。

ヒップポジショナースリング(パッド付)
歩行訓練にあたり臀部に多少のポジショニングが必要な方向けです。自然な骨盤運動および下肢の体重シフトを可能にし、良好な吊り支持をもたらします。

歩行用サドル
座位から立位への移動や歩行トレーニングに使用されます。

免荷表示装置付歩行訓練車 リフトン ペーサー(電動)の仕様

免荷表示装置付歩行訓練車 リフトン ペーサー(電動)の仕様とオプションの全体は、「リフトン ペーサー(電動)カタログ」を参照ください。以下はカラーバリエーションと適合対象者の情報です。

カラーバリエーション

適合対象者

左記の条件をすべて満たした上で、体幹サポート及びオプションにより、座位・立位の保持ができて痛みが発生しない方

  • 胴囲:56 ~ 152cm
  • 身長:196cm以下
  • 体重:160kg以下

この商品カテゴリーに関する記事
(現在、記事はありません)