こちらは 組み立て式の簡単設置トイレ スマートトイレ に関する記事です

愛知県の中学校 保健室のユニバーサル化に多目的トイレの導入

適用事例

2020年08月17日

愛知県の中学校では車いすの生徒が入学することもあり、バリアフリー化を進めています。トイレは、既存のトイレを改修することも考えましたが、他の生徒も利用できるよう、保健室に隣接して車いす用トイレを設置しました。

車いす用トイレには、「工期が短く、何処にでも設置ができ、配管工事が容易」な組み立て式の簡単設置トイレ「スマートトイレ」が採用されました。

設置後は、車いすを使用する生徒だけで無く、体調不良の生徒や他の生徒も利用しています。

(写真)廊下からも保健室からも入れるようにしたトイレ。中に入ると手すりがあり多目的トイレであることがわかります。上部に小さく多目的トイレの表示があります。

導入後に得られた効果
  • 保健室で静養している他生徒(男女)も利用している。
  • 保健室には静養教諭が在席するのでトイレ内で何かあっても対応できるなど、生徒の見守りが可能となった。
  • 学校行事や地域の催事などで車いすの方が来校されトイレを使用する場合、保健室内に整備したスマートトイレがある事で、男女関係無しに利用する事が可能となった。
学校関係者の声
  • スマートトイレ内に廊下側からの出入りと、保健室内からの出入りが行える様に特注で保健室内の折れ戸を制作して頂きました。(上部の写真を参照)
  • トイレ内は清潔感あふれる内装で、折り上げ手すりとL字型の手摺が標準で装備されており、立上る時や座る時に手摺りが有る事で便利です。天井にはナノイーが装着されており臭気対策について非常に満足しています。(写真)
2.jpg

折り上げ手すりとL字型の手摺が標準で装備されており、立上ることや座ることが容易です。

スマートトイレの詳細は下のクリックでご覧いただけます。

この記事へのお問合せはこちらから。下のボタンを押すとお問合せフォームが開きます。