アビリティーズの在宅ケアサービス

デイサービス(通所介護)

住み慣れた地域で、ご自宅で、安全で元気な生活を。

それぞれの方にあったプログラムでリハビリ・生活支援をいたします。

デイサービスでは、心身機能の回復・維持・向上を図るために、それぞれの方にあったプログラムを提供しています。たとえ、年齢と共に低下する体力や病があっても再び元気を取り戻し、できるだけご自分主体の人生、楽しい生活の確保にご一緒に取り組みます。

アビリティーズでは、提携する海外メーカーの最新鋭のリハビリ機器、福祉用具を使用した身体機能の回復・維持・向上をめざす「運動リハビリ」に特に力を入れており、施設名に「生活リハビリデイセンター」と冠している事業所があります。

day_service_1.jpg

慣れ親しんだ家に住み続けながら「楽しく長生き」地域での暮らしをサポート

アビリティーズ・ケアネット(株)のデイサービス施設では、利用者が自分にとって当たり前の生活ができるよう、設備の充実に力を入れています。例えば、最新式のトイレを十分な数だけ設置する、使う人に応じて高さを調整できる洗面台を導入するなど、最新の設備を整備しています。

私たちが目指すのは、何もかもをやってあげる介護ではなく、自立をサポートする介護。このような設備の導入は、そのために行っているものです。高齢者が自分らしく当たり前に暮らせる社会に結びつく施設づくりを考え、実践しています。

スタッフ教育にも重きを置いています。最新機器・設備の導入には、介護労働負担を軽減するというねらいがあるため、スタッフがこれらを使いこなすことは、利用者だけでなく自分たちのためにも必要です。そのため、使用法の指導を徹底しています。また。介護現場の経験がないケアマネジャーや介護士は、まずデイサービスセンターに配置して、高齢者の特性や介護ケアの方法を体験させた後、配属を決めています。

介護保険制度の改正などもあり、個々の施設やサービスでみると採算的に厳しい状況にあるのも事実です。しかし、私たちが目指す施設のあり方は是非とも継続させていきたい。現在は、折り合いを付けながらその方向に沿うような施設運営について様々な方法を模索しているところです。

(当社会長 伊東弘泰)

アビリティーズ・デイサービスの特長

継続的に測定、続けられるリハビリ

加齢による身体機能の低下を抑制し、現在の暮らしを続けられるよう「リハビリ」による筋力トレーニングに力を入れています。さらに、その効果や身体機能の変化について、測定機器で検証し、そのデータをもとにリハビリを効果的なものにしています。

day_service_2.jpg

パソコンを習い、Eメールや自分史作り

離れて暮らすご家族とのコミュニケーションにEメールを習得。また、ご自身の人生や様々な出来事を記した「自分史」作りも取り組んでいます。スタッフが制作を助けながら自分史作りを楽しんでいます。

day_service_3.jpg

快適な介護入浴

お一人用の浴槽とケアスタッフの介護で座ったまま入れる特殊浴槽があります。ご自宅で入浴が思うようにできない方や不安がある方は入浴サービスをご利用ください。

day_service_4.jpg

ヘルシーな食事

管理栄養士による献立により、栄養・塩分等を考慮して提供。上肢などご不自由な方には、弊社の器やスプーン、箸などをご用意し、できるだけご自分で召し上がっていただきます。 またご希望によりお帰りの際に、「持ち帰り夕食」をご用意することもできます。

夕食持ち帰りサービス/配食サービス(保険外)

お買いものや調理ができない方のために、デイサービスから帰宅の際に夕食をお持ち帰りいただけます。
(※一部実施していない施設もございます)

サービス内容

要支援1・2、および要介護1~5の認定を受けた方に以下の介護サービスを選択ご提供します。

身体に関すること 日常生活動作能力の程度により、必要な支援及びサービスを提供します。
排泄の介助、移動・移乗の介護、擁護その他必要な身体の介護
入浴に関すること 家庭において入浴することが困難な利用者に対して、必要な入浴サービスを提供します。
衣類脱着の介護、身体の清拭、整髪、洗身、その他必要な入浴介護
食事に関すること 給食を希望する利用者に対して、必要な食事のサービスを提供します。
食事の準備、配膳下膳の介助、食事摂取の介助、その他必要な食事の介助
機能訓練に関すること 体力や機能の低下を防ぐ為に必要な訓練及び日常生活に必要な基本的動作を獲得するための訓練を行います。
アクティビティサービスに関すること 利用者が、生きがいのある快適で豊な日常生活を送ることができるよう、アクティビティサービス(レクリエーション、音楽活動、行事活動、体操等)を実施します。これらの活動を通じて仲間作り、老いや障害の受容、心身機能の維持・向上、自信の回復や情緒安定を図ります。
送迎に関すること 送迎を必要とする利用者に対し送迎サービスを提供する。送迎車両には通所介護従事者が添乗し必要な介護を行います。
相談・援助に関すること 利用者及びその家族の日常生活における介護等に関する相談及び助言を行います。

一日のお過ごし方(例)

8:30~ お迎え(来所)、健康チェック
8:30~12:00 アクティビティサービス・機能訓練・ご入浴
12:00~13:00 口腔ケア・ご昼食
13:00~15:00 アクティビティサービス・機能訓練・ご入浴
15:00~16:00 おやつ
16:00~ アクティビティサービス・ご歓談
16:00~ お送り(お帰り)

※ 時間はご利用サービスにより異なります

※ プログラムは施設により異なります

施設一覧