俳優座劇場、高齢者やお体の不自由な方優先トイレを設置

#

俳優座劇場は東京都港区六本木に1954年に開館した歴史ある劇場です。1980年に改築されて数多くの演目が上演されています。劇場では来場者の高齢化やおからだの不自由な方の利用拡大のため、既存の3ヶ所の普通のトイレのうち1ヶ所をバリアフリートイレに改修しました。


当社の一級建築士事務所「バリアフリー設計建築研究所」が設計・施工を担当しました。

劇場の限られた休館日を利用して改修するため、短期間で改修する工法が検討され、アビリティーズ・ケアネットが開発した 車いす用スマートトイレ が採用されました。スマートトイレは、通常たった1回の施工で完成する水洗式バリアフリートイレですので、劇場の限られた休日を利用して改修が可能です。俳優座では、合わせて階段の連続手すりも合わせて設置工事がされたことから、高齢の方も劇場を利用できます。

俳優座 スマートトイレは、劇場の品位にあわせて扉には特別色を採用しました

スマートトイレは、劇場の品位にあわせて扉には特別色を採用しました。

俳優座 観客席から直通の、最も近いトイレがバリアフリートイレに改修されました。

観客席から直通の、最も近いトイレがバリアフリートイレに改修されました。(出入口の突き当り右側)

俳優座 手すりが必要な来場客が安心して利用できるよう、連続手すりにも改修しました。

また、手すりが必要な来場客が安心して利用できるよう、連続手すりにも改修しました。

この記事へのお問合せはこちらから。下のボタンを押すとお問合せフォームが開きます。

Share: