子育てステーション梅丘(旧世田谷区総合福祉センター)にプールリフト(移動式)が導入されました。

2021年05月25日

#

【子育てステーション梅丘の水中活動室に導入されたプールリフトi-swim】

旧世田谷区総合福祉センターの地下にある水中活動室には、固定式プールリフト(アクアポート)を設置して、地域の障害者の家族や福祉団体による水中リハビリテーションなどに利用されていました。経年劣化が進んでおり、総合福祉センターの移転で既存施設が「子育てステーション梅丘」として改修するのを機に、機器更新の検討となりました。

 

水中活動室と子育てステーション梅丘

【水中活動室がある子育てステーション梅丘】

検討の結果、アビリティーズのプールリフトi-swimが2021年3月に採用されました。i-swimは人を乗せて移動することが可能で、バッテリー稼働の昇降リフトはプールへの入・出をサポートします。これにより、障害のある方のプール利用が容易になりました。また、水場のため滑りやすい床面での介助の負担軽減も実現しました。

 

子育てステーション梅丘の水中活動室に導入されたプールリフトi-swim

【子育てステーション梅丘の水中活動室に導入されたプールリフトi-swim】

 

プールリフト i-swim の詳細は下のクリックでご覧いただけます。

この記事へのお問合せはこちらから。下のボタンを押すとお問合せフォームが開きます。

Share: