手動レバー式車いす駆動ユニット ニュードライブ で何ができますか。期待できること。

2018年11月21日

ニュードライブは、既存の手動車いすに装着するレバー駆動推進アクセサリです。
これを使用することにより、ホイールリムを握って椅子を推進する代わりに、レバーを押すだけで、前方、後方、操縦、ブレーキの操作をすることができます。
これにより何ができるようになるかを示すと共に、身体の調整機能が弱い子供の使用例をご案内します。

手動レバー式車いす駆動ユニット ニュードライブ で期待できること

  • リハビリテーション
    身体強化と心血管トレーニング
    調整機能のトレーニング
  • 車いすでの坂道登坂が半分の力でできるようになる(個人差があります)
  • 長期の肩や手首使用による損傷(手根管症候群)の予防、治療費の低減
  • 体の姿勢と呼吸動作の改善
  • 地上の汚れから衛生の確保
  • 車輪からの手の保護

下の例は、身体の調整機能が弱い子供の使用例動画です。
ニュードライブを使用しない場合には、体幹を崩しながらも、一生懸命車いすを漕ぐ姿はいかに大変で体力も使い、身体への影響も大きいことが伝わります。これでは長い距離、車いすを漕ぐのも大変です。

ニュードライブを使用した場合では、体幹も非常に安定し、通常に車いすを漕ぐ動作として上肢の左右を一緒に使って漕げているのがわかります。お子さんも面白いように自身で車いすを漕げる喜びがあふれています。

大きな移動能力を得た子供は、心身の成長と共に社会的能力を獲得していくことでしょう。

この記事へのお問合せはこちらから。下のボタンを押すとお問合せフォームが開きます。

Share: