福祉・介護の相談日誌

この相談は、営業現場で実際にお受けし、解決策をご提案したものです。 同じ問題を抱えられているご利用者やサービス提供者の解決のご参考になれば幸いです。

フィルターは、右、又は下部の「相談者」、「タグで検索」で行います。 詳細参照やご相談は、[詳細の参照とお問合せ]ボタンより詳細を参照していただき、お問合せフォームをご利用ください。

次は「福祉・介護の相談日誌」に関する相談事例です。


ウエスト症候群の10歳女の子の入浴介助の身体負担軽減に リフトン ウェーブ 使用
相談者のお子さんは、ウエスト症候群の10歳女の子で、障害手帳は1種1級です。自宅でのシャワー浴の際に、お母様がお子さんを抱えて入浴介助していましたが、身体の負担が大きく、改善したいと相談がありました。 各種オプションがあり身体保持に優れた洗身チェアユニット ウェーブをご提案しました。自宅浴槽が狭く、介助者のスペースを確保するためタブトランスファーの併用をお薦めしました。お試しの中で、浴槽を跨ぐ形での利用ができることを確認でき、利用申し込みとなりました。
詳細の参照とお問合せ
2024年02月27日
0
参考になったらハートのアイコンをポチッ❣
リハビリテーション病院の訪問担当の理学療法士よりスピラドゥのお試し依頼
リハビリテーション病院を訪問し、スライディングシート“スピラドゥ”の説明を行い勉強会の実施をご提案させていただいていました。その後、理学療法士様より、勉強会のご希望をいただきました。 勉強会には理学療法士、 作業療法士合わせて15名ご参加いただき、中には訪問リハビリテーションの理学療法士もいらっしゃいました。基本的なベッド上での使い方からリハビリとしての活用、弾性ストッキングの脱着など、様々な活用方法をご紹介しました。実際の体験では、好感触の様子で皆様積極的に実践していただいていました。 勉強会から数日後に訪問リハビリテーション担当の理学療法士より、利用者で介護保険レンタルを検討したいとの連絡をいただきました。
詳細の参照とお問合せ
2024年02月27日
0
参考になったらハートのアイコンをポチッ❣
市教育委員会 車いす生徒向けに 階段昇降車 ステアエックスとユニット式トイレ スマートトイレ 導入
市教育委員会学校教育課を訪問した際に、今年4月に中学に入学する車いす生徒が階段の移動で昇降車を検討していると、相談を受けました。 お試しで、身体状況から身体的負荷となる“ステアシップ”に替え“ステアエックス”の導入が決まりました。同時に、車いす生徒用に簡易組立式ユニットトイレ “スマートトイレ”をご提案しました。従来のトイレ増設工事では、壁などの枠組も必要になり大がかりな工事となる工期と予算面の課題を、ユニット式のスマートトイレのメリットを理解いただき、受注となりました。
詳細の参照とお問合せ
2024年02月21日
0
参考になったらハートのアイコンをポチッ❣
入所者が自分で簡単にフットレストを上げ下げできる“スマートフットレスト”
介護老人保健施設の事務長がインターネットで“スマートフットレスト”を見つけられ、「入所者がフットレストに足をぶつけて怪我をする事例が発生している」「職員のフットレストを跳ね上げる動作の負担軽減したい」と相談がありました。職員に対し商品研修会を実施しました。実際の体験では、入所者が自分で簡単にフットレストを上げ下げできたため、「今までのように職員が手で上げ下げする必要がなく、負担軽減にも衛生的にも良い」と高い評価をいただきました。
詳細の参照とお問合せ
2024年02月20日
0
参考になったらハートのアイコンをポチッ❣
エレベーターが使用できない災害時に階段昇降車“キャリダン”
15階建てのオフィスへ避難用昇降車を検討したいと相談がありました。社員に杖歩行の方、視覚障害の方がおりエレベーターが使用できない災害時に非常用階段避難車として活用したい希望です。障害のある方だけでなく意識が無い方に使用することも想定すると、体を3か所でしっかりと固定でき安定していることからキャリダンを採用されました。14階と8 階に2台整備するため、キャリダン(スタンド付き)を2台購入となりました。
詳細の参照とお問合せ
2024年02月16日
0
参考になったらハートのアイコンをポチッ❣
車いす生徒の入学で校内のバリアフリー化に階段昇降車、スロープを設置
町立中学校の校務主任特別支援コーディネーターの方から、4月に車いす生徒の入学で校内の階段移動用にステアシップの導入を検討しているので、現場の階段を確認して欲しいとの依頼がありました。 昇降車を使用する階段寸法と車いすが昇降車に装着可能か確認と共に、校内のバリアフリー整備状況も確認しました。 階段移動はステアエックスのレンタルで話を進めていましたが、ステアシップの購入となりました。 校内のバリアフリー整備では、外部の渡り廊下の段差2段には組立式スロープブロックビルドが採用され、外部通路から体育館の出入り口段差には折り畳み式のケアスロープの配置が採用されました。
詳細の参照とお問合せ
2024年02月15日
0
参考になったらハートのアイコンをポチッ❣
浴室の床にビニールプールを置いた入浴介助で腰痛となっていた状態を、簡易浴槽ミニで解消
児童発達支援所は、気管カニューレの児童を浴室の床にビニールプールを準備し、不良姿勢のまま入浴介助を行っていました。そのような中、腰痛になる職員が発生していました。かがまずに入浴介助する方法を探す中で、簡易浴槽ミニを探されました。 簡易浴槽ミニのデモで、児童にスリングネット上で横になれるかの確認とご家族の了解をいただき、納入となりました。 簡易浴槽ミニにより、ゆったりと入浴できるようになり、児童も気持ち良さそうだとのことです。職員も不良姿勢での介助が無くなり、楽になったとの感想を頂きました。
詳細の参照とお問合せ
2024年02月09日
0
参考になったらハートのアイコンをポチッ❣
在宅復帰に向け介護保険の「玄関、トイレ、寝室、キッチン、浴室」の住宅改修
施主は病院に入院中の60代女性(独居)で、退院に向け自宅の住改を希望です。両下肢麻痺があり車いすで生活、入浴や外出は訪問介護を利用する予定です。 ご本人と遠方に住む妹、同院のリハビリ担当者、相談員、ケースワーカーならびに、施工業者と現調・打ち合わせを重ねました。当社の一級建築士事務所も相談しながら、改修箇所は「玄関、トイレ、寝室、キッチン、浴室」で、敷居の段差にはクイックスロープ・ブロックビルドを使用。工期は約1か月で引き渡しを終えました。電話やメールで連絡を密に取っていたこともあり、大変満足いただきました。
詳細の参照とお問合せ
2024年02月05日
0
参考になったらハートのアイコンをポチッ❣
病院はエレベーターの大規模改修工事の間、透析患者のフロア移動にステアチェアを予定
病院の営繕管理会社より、来年エレベーターの大規模改修工事がありエレベーターが使えないため、可搬型昇降機のレンタルを検討していると連絡がありました。3階にある透析室へ透析患者20人程度をフロア移動させるため、患者本人が車椅子ごと昇降できるステアエックスを希望されました。 デモにて階段角度を実測したところ36°程度ありステアエックスでは対応できなかったため、ステアチェア(S C-6)を提案しました。担当職員も問題無く操作できたので、ステアチェアで進める事となりました。
詳細の参照とお問合せ
2024年02月02日
0
参考になったらハートのアイコンをポチッ❣
聴覚障害者、インターホンを鳴らすと光で知らせてくれる商品を探している。
聴覚障害の利用者は、来客の際にインターホンのチャイムが聞こえず電話もほとんど出ない為、連絡や情報伝達手段がない状態でした。先日は遠方に居る家族より連絡が取れないとの事で、警察や消防のはしご車が出動する事態となってしまったとの事です。 その為、インターホンを鳴らすと光で知らせてくれる商品を探しているとのことでした。火災報知器やF A Xの受信も同じ受信機で知らせる事を希望されており、東京信友社のシルピカを採用いただきました。
詳細の参照とお問合せ
2024年02月01日
0
参考になったらハートのアイコンをポチッ❣
Share:
ニュースレターを講読